長野県、南信州の森林組合。根羽村森林組合

トップ > 根羽の「もり」を守る 根羽村森林組合J-クレジット

長野県 根羽村森林組合による間伐事業を用いた温室効果ガス吸収
プロジェクト

~健全な森林づくりによる地球温暖化防止と持続可能な山村社会を目指して~

 根羽村森林組合では、根羽村の森林を整備することによって増加したCO2吸収量をクレジットとして登録し、販売をはじめました。
 過疎化・高齢化が進む根羽村において、クレジットを販売することにより、基幹産業である林業の活性化を図り、若者定住を促進し、持続可能な村づくりに少しでも貢献したい。
 また、クレジット販売による収入の一部を森林所有者に還元し、森林整備費として活用していただき、より充実した森づくりに繋げていきたいと考えています。


DSCF2574.jpg

marusen_720.png

J-クレジット制度とは?

 温室効果ガスの排出削減・吸収量を販売可能な「クレジット」として認証する制度です。国によって運営されており、カーボン・オフセットや低酸素社会実行計画の目標達成など、様々な用途に活用できます。
bn_jcredit.jpg

カーボン・オフセットとは?

 企業活動や商品の製造、サービスの提供などによって排出してしまう温室効果ガス排出量のうち、どうしても削減できない量の全部または一部を、他の場所での排出削減・吸収量でオフセット(埋め合わせ)するとういものです。

カーボン・オフセット画像.png

カーボン・オフセット フォーラムHPより抜粋

根羽村トータル林業 概要

①先進的な取り組み  他社との差別化

 環境配慮に優れた商品やサービスを手がけることで、他社との差別化を図れます。特に価格以外で差をつけにくい商品のマーケティングに有効です。
 実際に、食品や飲料、文具などに多くの活用例が見られます。

②CSR  企業価値の向上

 地球温暖化への関心が高まるとともに、温暖化対策に取り組む企業を評価する消費者が増えています。企業価値の向上とCSRの取り組みを強くアピールすることができます。

③コスト削減  経営の効率化

 カーボン・オフセットをする際にCO2をはじめとする温室効果ガス排出の算定を行います。これにより排出量を「見える化」でき、工程の見直しやムダの削減に取り組むきっかけになる場合が多くあります。
 また、クレジットの購入を通して排出量の一部を埋め合わせるのですが、その際、温室効果ガスがコストであると認識することになり、削減へのインセンティブが働きます。

banner_carbon_offset_forum01.png

marusen_720.png

購入できる方
環境貢献活動及びカーボン・オフセットに取り組む企業及び団体
(詳しい条件については、販売要領、契約書をご覧ください)
 
販売単価 16,200円 (税込み) /t‐CO2
販売単位・数量


1t‐CO2単位での販売となります   販売数量:223t‐CO2

お申込み方法 お電話、またはホームページお問い合わせフォームより、ご連絡をお願いします


marusen_720.png

購入企業・団体一覧

生活協同組合コープながの 様  10t-CO2

 平成29年9月11日に根羽村にてJ-クレジットをご購入いただいた 生活協同組合コープながの 様へ、J-クレジット認証書をお渡ししました。
 ご購入いただいたクレジットは、根羽村の森林づくりのため、大切に活用させていただきます。ご購入いただき、誠にありがとうございました。



CIMG0801.JPG