長野県、南信州の森林組合。根羽村森林組合

トップ > 根羽杉とは?

村の総面積のうち、92%が森林である根羽村。
長野県の最南端に位置し、三河地方を潤す矢作川の源流地域にあたります。
面積は約90平方km、人口は千人余り。
鉄道などの公共交通もなく、過疎の印象が強いこの村ですが林業関係者の間では、先進地として知られています。ほぼ全戸が山林を保有しており、代々森林を受け継ぐことで、美しい杉林を保ってきました。矢作川の源流にあたり、年間2千ミリ超の雨が降ることから、植物はよく育つ環境にあります。根羽杉は、そんな南信州の自然が育んだ木材です。

DSC_0082.JPG

marusen_720.png

DSCF0106.JPG

芯の部分が美しい赤みを帯びているのが特徴の「根羽スギ」は、「根羽ヒノキ」とともに県の認証材です。

大型乾燥機を備えた村営の製材所-1000x668-300x200.jpg根羽村森林組合では、村の面積の約9割を占める森林から、40年生以上のスギやヒノキを伐り出して、木の家の材料の生産・加工・販売をしています。こうした取り組みを「根羽村トータル林業」と呼んでいます。

現代の日本の厳しい一次産業の中にあって、小さな一村が森林という地域資源を活用した林産業を基幹産業とし位置づけ、伐採から加工・販売まで取り組んでいることに対して、近年次第に注目を集めるようになってきています。

根羽村トータル林業 概要

第一次産業

根羽スギの伐倒1.jpg森林組合の森林施業プランナーが森林所有者に木材伐採に伴う収益を事前に示して、所有者に伐採の承諾をいただいた後、木材を搬出します。この際、搬出経費をできる限り抑えるため、作業路網とタワーヤーダ(元柱)及びプロセッサ(造材)等の林業機械を組み合わせて、搬出効率を向上させています。



第二次産業

DC3_4435.jpg森林組合に搬送された丸太を原材料として製材・人工乾燥・加工を行い、柱や梁桁材などの構造材や羽目板などを生産しています。当森林組合は長野県の定める「信州木材認証製品工場」の資格を取得しており、皆様に安心してご利用いただけるよう製品の品質管理を徹底し信頼される製品づくりを目指しています。



第三次産業

28,ダイニング.JPG生産された製品は信州木材認証製品として「根羽すぎ」、「根羽ひのき」の製品ブランド名で工務店に直送販売しています。そうした建築部材で建てられた住宅を「根羽スギ住宅」と呼んでいます。多くのお施主様が建築士・工務店さんと良く相談されて、ご自身のライフプランに応じたこだわりのあるお家を建てられている方が大半です。

   

marusen_720.png

DSC00626.JPG根羽村では、根羽杉をふんだんにつかった賃貸住宅も用意し、根羽村で暮らしたり、根羽村で働いたりすることを積極的にアシストしています。